学校法人 日本力行会について

創立120周年

gate02 gate01
日本力行会は、日本民族の心と生活の救済「霊肉救済」を旗印に、1897年(明治30年)島貫兵太夫牧師によって創立され、すでに118年の歴史を積み重ねて参りました。 当時、日本は海外移住の指導をする機関が少なかったため、苦学生へのホーム開放に始まり、日本人の海外への発展と重要性を訴えながら「渡米部」「日米女学 校」「日米実業学校」など関連教育施設を創立したり、「渡米新報」を発行するなど、苦学生及び移住希望者に幾多の便宜を与えました。 その結果、北米、中南米、東南アジア、旧満州(現中国東北部)などへ約3万人の移住者を送り出してきました。 また、地域の要望に応えて1946年(昭和21年)創立された「りっこう幼稚園」(「力行幼稚園」より改名)も創立68周年を迎え、6000余名の卒園生は各方面で活躍しており、 ま た、当財団創立90周年記念行事として留学生会館「力行会館」を開設、約120名の日本人学生・海外からの留学生の宿舎として生活を共にし、国際感覚を身 につけ、日本語や日本の科学技術の習得をはじめ、文化・伝統を身につけて当会館を巣立った約3千人の元留学生が現在世界中で各分野に活躍されています。さらに、2014年(平成26年)12月1日には、永年の念願でした「学校法人」として東京都より認可されました。
目的 国民の力行的精神の作興を図り、兼ねて一般子弟並びに開拓者の教育指導援助を法人発足の理念とする。国境や文化を超えて共生する理念達成に寄与するために国際交流と海外からの留学生支援を推進すると共に、教育基本法及び学校教育法に従い、学校教育を行い、異文化に触れ合う環境の中で、よりよき社会人・国際人となる人材を育成することを目的とする。
事業 (1)りっこう幼稚園の経営(2)国際協力事業の推進(3)力行会館の経営(4)その他必要なる事業
設立 明治30年1月1日
認可 昭和8年7月11日 文部省(財団法人)、 平成26年12月1日 東京都(学校法人)
主務官庁 東京都
基本財産 (基本金) 1,835,000,000   (土地) 6,856.23m2   (建物)5,204.43m2